09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インナーチューブガード 

最近のFRP工作の成果・・・



Fフォークのインナーチューブガード
IMGP0706.jpg
重さ9g


因みに
これまで使っていたカイダック製
IMGP0703.jpg
12g

以前購入した某メーカー製
IMGP0705.jpg
21g




カイダック製と比べて左右で6g軽量化・・・
単価は確実にカイダック製が安い
作る手間は同じくらい
正直カイダックでもいいかな~?

















追記

普段、バイクに乗れないときはコソコソ工作してます
ここ最近は腰痛のためバイクにまともに乗れません
なので去年から始めたFRP工作の練習中

様々な素材を試してみて、色々わかって来ました
メーカー製ほど仕上がりは良くないですが
メーカー製よりも軽くて強度をだせます
コストの面でメーカーがためらうような事も
自作ならメーカー製を買うのに比べれば安い値段でできます


これまでわかったこと
・ガラス繊維は安い
・カーボン繊維は軽くて強度が高いが衝撃に弱く、ガラス繊維より型に馴染みにくい
・ケブラー繊維はカーボン並に軽くて強度が高いし、衝撃に強いけど、型にまったく馴染まないし、切断面の仕上げが難しい
・フォークガードみたいなカバー類は、横からの衝撃への強度が必要で、強度を出すには繊維の種類よりも樹脂の種類と重ねる枚数が重要


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://climbingcrazies.blog47.fc2.com/tb.php/319-0209287e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。