10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GASGASの弱点対策5 

コレが一番金がかかる・・・





GASGASの弱点其ノ伍
センターシャフトの構造が悪い!




GASGAS純正のセンターシャフトは、リアアクスルと同じように、キャップボルトで棒が抜けないように留めているだけ・・・
スイングアームやエンジンをセンターシャフトとナットで締め付けて一体化することができていません
更に、フレームのセンターシャフトを通す穴が左右で直径が違うため、マシンに強い力がかかると
フレームやスイングアームやエンジンが捻れます
その結果、エンジンマウントの後ろ側のフレームの片方にクラックが入ったり(2011モデルからは少し補強された)
動画で同じみの、スイングアームが折れたりに繋がります

対策は
1 愛知県にあるスポーツプラザイトウ製のスペシャルセンターシャフトに交換する


一択です
IMGP0558.jpg IMGP0559.jpg
コレがそのセンターシャフト
詳しい構造は店主の了解を得てないので書けませんが
樹脂製のカラーがハマる場所にアルミ製のカラーが入ってます
他にも幾つかのパーツをワンオフで製作し
RTLやBetaのように、きちんとトルクをかけれるような構造になっています
仮に、GASGAS弱点対策3のようにシャフトだけを交換して締め付けた場合
フレームとエンジンとスイングアームが歪み、スイングアームの動きは悪くなり、エンジンは最悪、破損します

改造を希望される方は、スポーツプラザイトウの店主に頼み込むか
スポーツプラザイトウでGASGASを購入すれば半強制で改造してくれます




ちなみに
GASGASワークスのアダム・ラガのマシンも同じ構造になっています
スポーツプラザイトウ店主いわく
「ワークスがやる数年前から俺はこの改造をしてた。ワークスにパクられた(笑)」だそうな・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://climbingcrazies.blog47.fc2.com/tb.php/284-34071a54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。