05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GASGASの弱点対策3 

GASGASは束縛されない
っていうかきちんと締結されてない・・・





GASGASの弱点其ノ參
スイングアームが弱い!



GASGASユーザー以外にはわかりにくい説明となりますが…
GASGASのリアアクスルシャフトは、スイングアームとホイールに
単純にシャフトを貫通させて端っこを抜けないようにキャップボルトで固定しているだけです
RTLやBetaのように、きちんとナットで締め付けてホイールとスイングアームを固定してないので
スイングアームがねじれに弱くなり、最悪の場合スイングアームが折れます
そして、チェーンアジャスターを引っ掛ける部分がスイングアームと一体化しており
アクスルシャフトが固定されていないため、削れて使い物に鳴らなくなる可能性があります

対策は
1 社外品のアクスルシャフトに交換する
2 チェーンアジャスターをコマの大きい物に変更する

対策1についてはJITSIEからアクスルシャフトが販売されています→http://mitani-ms.shop-pro.jp/?pid=34866925
私は名古屋市にあるスポーツプラザイトウというバイクショップで制作して頂きました(有料)
IMGP0573.jpg
っていうか勝手についてきた(;^ω^)

対策2もS3等からコマの大きいチェーンアジャスターが発売されているのでコレに交換するといいでしょう
ただし、アクスルシャフトを交換した場合は、GASGAS用ではなく、RTLやBeta用を購入して下さい
コマが大きいものと小さいものを比較するとこんな感じ
IMGP0579.jpg

実際に対策品を取り付けると
IMGP0581.jpg

IMGP0583.jpg
こんな感じ



実はGASGASはフレームがねじれやすい構造になっていてスイングアームに負荷がかかりやすいです
アクスルシャフトが動画などでスイングアームが折れている原因の一つとなっています
もう一つの原因については、そのうちBlogのネタにするかもしれません
To be continued…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://climbingcrazies.blog47.fc2.com/tb.php/277-afd204a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。