07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BETAWORKSはここが違った 

前回記事の続きです・・・
CA3B0078.jpg
↑この車両はファハルドのバイクです
食い入るように見つめている彼のバイクではありません



よく見ると
CA3B0077.jpg
クラッチカバーが分厚くなっています(;´Д`)
クラッチ容量がアップされているようです

さらに
CA3B0079.jpg
フレームの穴が埋められて
裏からアルミの板をあてて溶接して補強してあります
CA3B0080.jpg


その他にも
スイングアームも少し短いようだし
ステムの取り付け角度も純正より立ってる(;^ω^)

あと
写真は有りませんが
他のBETAライダーの車両を見ると

オーリンズ製のリアサスがつけてあったり
SHOWA製のリアサスが倒立でつけてあったりしました


こういうマシンの違いを見るのも世界選手権の楽しみですね





P.S
ワークスライダーで唯一、自分のマシンを空輸せず
市販車ベースのマシンでアレだけの成績を残す
カベスタニーはやっぱりすごい(゚д゚)!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://climbingcrazies.blog47.fc2.com/tb.php/136-f1c40c1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。